意外と知らない!?お墓知識

「意外と知らない!?お墓知識」でお墓を探そう!

当サイト「意外と知らない!?お墓知識」では様々なお墓についてのお役立ち情報をご案内しています。
今まさにお墓を探している人は是非ご参考にしてください。

 

いつでも気軽にお墓参りをすることの出来るお墓を見つめることが最も大切なお墓選びとなります。
しかしどんなに近くても管理がしっかりとされていないお墓では後々後悔してしまうこともあるのでご注意ください。貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。

 

今の日本には数多くのお墓がありますが、宗教の違いや環境の違いなど非常に様々あります。
ずっと愛し続けるお墓なのですから、失敗しないお墓選びをするようにしましょう。





意外と知らない!?お墓知識ブログ:17-6-17
一週間くらい前、
あたしはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

あたしの心の中に見えたもの…
それは、父親の腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないあたし。
穏やかな優しい目でみつめてくれる父親。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、あたしは父親のことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、父親ももちろん、
あたしのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それが父親や母ではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

あたしたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
あたし自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
あたしは経験から学びました

意外と知らない!?お墓知識 モバイルはこちら